【美肌を目指すスキンケア】デイリーケアに加えるスペシャルケア/補う・活性化

 

美肌を目指すためにスキンケアを行う。その方法は毎日のデイリーケアと、スペシャルケアの2種類の組み合わせがカギとなります。

 

デイリーケアで毎日のお手入れを行い、それでもコンディションが気になる場合にはスペシャルケアで改善をはかります。

 

スペシャルケアのタイプは主に3種類。肌に不要な物を「除去」する・肌に必要な成分を「補う」・そして肌自体を「活性化」させる方法があります。

 

今回は、その中から、スペシャルケア/補う・活性化編としてお伝えしたいと思います。

 

【スペシャルケア/補う・活性化編】

≪スペシャルケア/補う方法≫

スペシャルケアで肌に必要な成分を補うには、マスクタイプ・パックタイプ・コットンで保湿を行う方法があります。肌のくすみやシミの解消ならば美白ケアアイテムを、乾燥対策なら保湿ケアアイテムを選択するなど、目的に合ったアイテムを選択してスペシャルケアに取り入れましょう。

 

≪マスクで補う≫

〈マスクのメリット〉

一般的には、顔のカタチにくりぬいたフェイスマスクに、保湿・美白などの有効成分が含まれているアイテムを指しています。

 

パッケージから出したマスクを顏に乗せ、一定時間経過した後にとり除き、仕上げのケアを施します。

 

あるいは、普段使用しているローションや美容液をコットンに含ませて、肌に浸透させるといった方法もあります。

 

このように、手軽に行えるのがマスクで行うスペシャルケアのメリットですが、その反面、コスト面が最大のデメリットとなります。

 

〈マスクのデメリット〉

もしも、1週間に1回程度マスクでのスペシャルケアを行った場合、1か月に必要なコストは4~5回分、1回1,000円程度のマスクを使ったとしても、4,000~5,000円と、決して安価とはいえません。

 

もちろん、すべてのマスクがこのような高価格帯という訳ではありませんが、スキンケア効果の高いマスクを望むならば、ある程度のコストは必要になります。

 

また、マスクの使用時間を超えてしまった場合には、乾燥を始めたマスクが肌の潤いを奪ってしまうと言った逆効果になる場合も。マスクを使用するならば、使用時間を超えない事がポイントとなります。

 

≪パックで補う≫

〈パックのメリット〉

有効成分を含んだパックを直接肌に乗せ、一定時間が経過した後に洗い流すか、ティッシュなどでふき取ります。

 

パックで補えば、時間が経過してもさほど慌てる必要はありませんので、安心して使用できます。

 

〈パックのデメリット〉

ただし、洗い流すタイプも、ふき取るタイプもひと手間がかかるのが、パックタイプのデメリットです。

 

≪スペシャルケア/肌の活性化≫

肌の活性化は、スキンケアアイテムや美顔器などを活用して行うケアを指しています。ハンドマッサージも効果的なのですが、チカラ加減を間違えてしまったら、かえって肌トラブルを増幅させてしまう場合も。

 

その点、機械やアイテムを使用すれば、そういった問題は最低限に抑える事ができますのでオススメです。

 

〈超音波マッサージ器〉

微細で高速な振動を肌に与える事で、肌を刺激して活性化する事が可能になるのが、この方法です。主に、フェイスラインのタルミ改善に役立ちます。

 

〈低周波マッサージ器〉

低周波マッサージ器は、微細な電流を肌に流す事で顔の筋肉を刺激して鍛え、リフトアップにつなげます。

 

低周波治療器を使わなくても、表情筋を鍛える顏ヨガなどの方法も有効ですが、この場合は選ぶメニューややり方などで効果に開きがでます。確実に且つ、早めにリフトアップしたいなら、低周波マッサージ器がおススメです。

 

〈導入用美顔器〉

ローションなどに含まれる有効成分の浸透を助けるためのマシンが導入美顔器です。多くの場合、肌や美顔器に直接ローションや美容液をつけて、肌の上をなでるように美顔器を滑らせて使用します。この時、美顔器には微弱な電流が流れ、その効果で肌への浸透を高める仕組みになっています。

 

≪スペシャルケアを行うタイミング≫

日焼けしてしまった時や、乾燥やごわつきを感じるなど、肌のコンディションの悪化を感じたタイミングで行いましょう。予防的に1週間に1回行うなど、ルールを決めて行うのも効果的な方法です。

 

ただし、あまりやりすぎはNG。過度に有効成分を補おうとしても、肌が吸収できる分量は限られています。それでも補い続ければ、肌の表面部分に残留した成分がもとで、ニキビの元となる可能性があります。

 

そうならないためには、使用量を守ってスペシャルケアを行いましょう。もし、使用量についての記載がなされていない場合は、肌のコンディションを見ながら「肌が吸収する範囲」を見極めながらのケアを行いましょう。

参考:シミ消しクリームランキング!色白美肌から愛されている人気商品は?

【まとめ】

美肌を目指すためのスペシャルケアの、補う・肌そのものを活性化させる方法についてご紹介いたしました。

 

デイリーケアで日常の汚れやストレスから肌を開放し、目的に合ったスペシャルケアで、集中的に悩みを解消する。この使い分けが美肌への一番の近道です。

 

少し手間がかかるものもありますが、実行する事で徐々に肌のコンディションは上がります。是非、お試しください。