スキンケアの基本/朝の洗顔に洗顔料は必要!

朝洗顔をする時、洗顔料使う派の人と使わない派の人に分かれます。医師や美容関係の仕事をしている専門家の中でも、朝の洗顔料の必要性に関する意見は真っ二つに分かれていますので、絶対的な答えはないのかもしれません。

 

そこで今回は、朝の洗顔には洗顔料は必要!その立場に立って、どうして必要なのかといった理由と、使うべき洗顔料の種類・洗顔料の正しい使い方についてご紹介します。

 

【スキンケアの基本/朝の正しい洗顔方法】

≪朝のお顔は見た目以上に汚れています≫

夜、お風呂に入りカラダを清潔するのと同じで、メイクしている顔も、クレンジングや洗顔料で清潔にする。最後は保湿・栄養成分を補ってスキンケアは終了。そして後は眠るだけ。

 

夜、こうして綺麗にした肌なので、朝の洗顔料は必要ない。そう考えて水やぬるま湯だけで洗顔しているならば、それNG習慣。その理由はカラダの新陳代謝です。

 

人間のカラダは、夜眠っている間に分泌される成長ホルモンの作用で、カラダの成長・疲労やケガや病気からの回復などが行われ、あらゆる器官の細胞の再生が行われている時間です。

 

肌も例外ではなく、眠っている間に肌の生まれ変わりであるターンオーバーが行われていて、朝起きた状態の肌は、古くなった角質層で覆われています。

 

加えて、眠っている間に分泌された皮脂・汗などの皮脂膜・ホコリや空気中に存在しているダニや雑菌などが肌への汚れとして付着しています。

 

これらのすべてを水やぬるま湯だけの洗顔で取れるならば問題ないのですが、皮脂=油ですので、洗顔料を使わなければ落としきる事はできません。もし、洗顔をぬるま湯やお湯だけで行った場合には、皮脂と皮脂にからまった汚れを肌に残したままでメイクをする事になってしまいます。

 

とはいえ、人間の肌に適度な皮脂は必要ですので、洗いすぎもNG。理想は、夜の間にできてしまった皮脂膜は落とす、新しい皮脂は残す。そんな洗顔方法を叶えてくれる洗顔料を使うのが一番です。

 

≪洗顔料を選ぶポイント≫

眠っている内にできてしまった皮脂膜は肌の一番外側に、新しく分泌された皮脂は肌の一番近くに存在しています。

 

ですので、皮脂を残しつつ、皮脂膜だけを除去するためには、「洗いすぎずに洗顔する事」が大切。

 

それには、あまり洗浄力が強くない洗顔料を選びましょう。

 

≪おススメ洗顔料≫

〈乾燥・敏感・年齢肌にはマナラのモイストウォッシュゲル〉

「洗いすぎによる肌の乾燥を防ぐ」そんな目的で開発された、朝専用のゲル状洗顔料です。成分の97.5パーセントが美容成分で、汚れを落としつつしっとり肌に仕上げてくれます。使用している人の実に94.8パーセントが満足し、これからも使い続けたいと感じている程優秀なアイテムです。

 

使い方もとってもカンタン。適量を手に取り、顔全体に塗って、指のハラで20~30秒程度優しくマッサージ。後は洗い流すか、コットンでオフするだけ。朝の洗顔はこれだけで完了します。

 

マッサージ前にホットタオルをのせて3分程度待てば、毛穴パック洗顔にもなります。

 

通常価格は3,456円と少々お高いのですが、定期便価格なら2,764円と、20%OFF&送料無料で購入できます。

 

〈無添加の純石鹸を使ってみるのも良い方法です〉

マイルドな成分のチューブタイプ・泡タイプの洗顔料を使うのも悪くないのですが、これらには、その状態を安定させるための添加物が含まれています。添加物は肌内部の角質層にまで浸透し、肌を刺激してトラブルの原因になる事がありますので、注意が必要です。

 

そこでおススメなのが、優しく洗顔できて、肌に対する刺激が最も少ないとされている純石鹸です。

 

純石鹸は、厳しい基準の元で製造されていますので、無添加であり、含まれる活性剤も合成ではなく天然成分で作られています。

 

合成の界面活性剤は肌に残ってしまいますが、天然の界面活性剤なら、肌に残る事はありません。

 

純石鹸での洗顔後、肌にツッパリ感を感じるといった、肌の乾燥を心配する声もありますが、これは誤解です。

 

純石鹸は肌表面の皮脂・角質を落とすアルカリ性でできています。肌は元々弱酸性ですので、アルカリ性の洗顔料で洗うなんて無理!それがツッパリ感の原因だ!普通ならばそんな風に考えてしまいますが、大丈夫なのです。

 

元々、肌の表面部分にはカルシウム成分が存在しています。カルシウム成分は、アルカリ性に反応するという性質を持っています。

 

純石鹸で洗顔した後、肌表面のカルシウム成分は純石鹸の持つアルカリ性に反応を示し、肌の表面をコーティングして守る役割を果たすべく「カルシウム膜」を作り上げます。

 

この「カルシウム膜」ができる時、肌は急速に活性化を始めますので、大きく変化をしています。この時起っている肌の活性化を「ツッパリ感」として脳が誤認しているのです。

 

ですから、純石鹸で洗顔した後のツッパリの正体は、洗顔による肌の乾燥ではなく、肌の活性化による変化だと覚えておきましょう。

 

純石鹸の価格は、安価な物で1個100円程度からと、コスト面でも超優秀。試してみる価値ありですよね。

 

≪乾燥・敏感肌の状態が深刻ならば洗顔料はNG≫

ただし、乾燥・敏感肌の状態が深刻な場合には、朝の洗顔料は使わず、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう。皮脂が流せるお湯の温度は32度。この温度で洗えば、ある程度の皮脂は除去できます。

出典:アヤナスの良い口コミは本当?実際に使った結果を比較!果たしてその実力とは?

【まとめ】

夜の間に肌に付着した汚れ・ターンオーバーによる角質層・分泌された皮脂などをしっかりと除去するためには、朝の洗顔料は必要です。

 

だからと言って、洗いすぎはNG。ですので、やさしく洗えて、肌に刺激となる成分が含まれていない洗顔料を選択する事がポイントとなります。おススメなのが天然成分でできていて、コストも安価な純石鹸。一度お試しください。

 

ただし、乾燥・敏感肌が進行している場合には、朝の洗顔料は控えて、ぬるま湯で優しく洗いましょう。

 

【美肌を目指すスキンケア】デイリーケアに加えるスペシャルケア/補う・活性化

 

美肌を目指すためにスキンケアを行う。その方法は毎日のデイリーケアと、スペシャルケアの2種類の組み合わせがカギとなります。

 

デイリーケアで毎日のお手入れを行い、それでもコンディションが気になる場合にはスペシャルケアで改善をはかります。

 

スペシャルケアのタイプは主に3種類。肌に不要な物を「除去」する・肌に必要な成分を「補う」・そして肌自体を「活性化」させる方法があります。

 

今回は、その中から、スペシャルケア/補う・活性化編としてお伝えしたいと思います。

 

【スペシャルケア/補う・活性化編】

≪スペシャルケア/補う方法≫

スペシャルケアで肌に必要な成分を補うには、マスクタイプ・パックタイプ・コットンで保湿を行う方法があります。肌のくすみやシミの解消ならば美白ケアアイテムを、乾燥対策なら保湿ケアアイテムを選択するなど、目的に合ったアイテムを選択してスペシャルケアに取り入れましょう。

 

≪マスクで補う≫

〈マスクのメリット〉

一般的には、顔のカタチにくりぬいたフェイスマスクに、保湿・美白などの有効成分が含まれているアイテムを指しています。

 

パッケージから出したマスクを顏に乗せ、一定時間経過した後にとり除き、仕上げのケアを施します。

 

あるいは、普段使用しているローションや美容液をコットンに含ませて、肌に浸透させるといった方法もあります。

 

このように、手軽に行えるのがマスクで行うスペシャルケアのメリットですが、その反面、コスト面が最大のデメリットとなります。

 

〈マスクのデメリット〉

もしも、1週間に1回程度マスクでのスペシャルケアを行った場合、1か月に必要なコストは4~5回分、1回1,000円程度のマスクを使ったとしても、4,000~5,000円と、決して安価とはいえません。

 

もちろん、すべてのマスクがこのような高価格帯という訳ではありませんが、スキンケア効果の高いマスクを望むならば、ある程度のコストは必要になります。

 

また、マスクの使用時間を超えてしまった場合には、乾燥を始めたマスクが肌の潤いを奪ってしまうと言った逆効果になる場合も。マスクを使用するならば、使用時間を超えない事がポイントとなります。

 

≪パックで補う≫

〈パックのメリット〉

有効成分を含んだパックを直接肌に乗せ、一定時間が経過した後に洗い流すか、ティッシュなどでふき取ります。

 

パックで補えば、時間が経過してもさほど慌てる必要はありませんので、安心して使用できます。

 

〈パックのデメリット〉

ただし、洗い流すタイプも、ふき取るタイプもひと手間がかかるのが、パックタイプのデメリットです。

 

≪スペシャルケア/肌の活性化≫

肌の活性化は、スキンケアアイテムや美顔器などを活用して行うケアを指しています。ハンドマッサージも効果的なのですが、チカラ加減を間違えてしまったら、かえって肌トラブルを増幅させてしまう場合も。

 

その点、機械やアイテムを使用すれば、そういった問題は最低限に抑える事ができますのでオススメです。

 

〈超音波マッサージ器〉

微細で高速な振動を肌に与える事で、肌を刺激して活性化する事が可能になるのが、この方法です。主に、フェイスラインのタルミ改善に役立ちます。

 

〈低周波マッサージ器〉

低周波マッサージ器は、微細な電流を肌に流す事で顔の筋肉を刺激して鍛え、リフトアップにつなげます。

 

低周波治療器を使わなくても、表情筋を鍛える顏ヨガなどの方法も有効ですが、この場合は選ぶメニューややり方などで効果に開きがでます。確実に且つ、早めにリフトアップしたいなら、低周波マッサージ器がおススメです。

 

〈導入用美顔器〉

ローションなどに含まれる有効成分の浸透を助けるためのマシンが導入美顔器です。多くの場合、肌や美顔器に直接ローションや美容液をつけて、肌の上をなでるように美顔器を滑らせて使用します。この時、美顔器には微弱な電流が流れ、その効果で肌への浸透を高める仕組みになっています。

 

≪スペシャルケアを行うタイミング≫

日焼けしてしまった時や、乾燥やごわつきを感じるなど、肌のコンディションの悪化を感じたタイミングで行いましょう。予防的に1週間に1回行うなど、ルールを決めて行うのも効果的な方法です。

 

ただし、あまりやりすぎはNG。過度に有効成分を補おうとしても、肌が吸収できる分量は限られています。それでも補い続ければ、肌の表面部分に残留した成分がもとで、ニキビの元となる可能性があります。

 

そうならないためには、使用量を守ってスペシャルケアを行いましょう。もし、使用量についての記載がなされていない場合は、肌のコンディションを見ながら「肌が吸収する範囲」を見極めながらのケアを行いましょう。

参考:シミ消しクリームランキング!色白美肌から愛されている人気商品は?

【まとめ】

美肌を目指すためのスペシャルケアの、補う・肌そのものを活性化させる方法についてご紹介いたしました。

 

デイリーケアで日常の汚れやストレスから肌を開放し、目的に合ったスペシャルケアで、集中的に悩みを解消する。この使い分けが美肌への一番の近道です。

 

少し手間がかかるものもありますが、実行する事で徐々に肌のコンディションは上がります。是非、お試しください。