スキンケアの基本/朝の洗顔に洗顔料は必要!

朝洗顔をする時、洗顔料使う派の人と使わない派の人に分かれます。医師や美容関係の仕事をしている専門家の中でも、朝の洗顔料の必要性に関する意見は真っ二つに分かれていますので、絶対的な答えはないのかもしれません。

 

そこで今回は、朝の洗顔には洗顔料は必要!その立場に立って、どうして必要なのかといった理由と、使うべき洗顔料の種類・洗顔料の正しい使い方についてご紹介します。

 

【スキンケアの基本/朝の正しい洗顔方法】

≪朝のお顔は見た目以上に汚れています≫

夜、お風呂に入りカラダを清潔するのと同じで、メイクしている顔も、クレンジングや洗顔料で清潔にする。最後は保湿・栄養成分を補ってスキンケアは終了。そして後は眠るだけ。

 

夜、こうして綺麗にした肌なので、朝の洗顔料は必要ない。そう考えて水やぬるま湯だけで洗顔しているならば、それNG習慣。その理由はカラダの新陳代謝です。

 

人間のカラダは、夜眠っている間に分泌される成長ホルモンの作用で、カラダの成長・疲労やケガや病気からの回復などが行われ、あらゆる器官の細胞の再生が行われている時間です。

 

肌も例外ではなく、眠っている間に肌の生まれ変わりであるターンオーバーが行われていて、朝起きた状態の肌は、古くなった角質層で覆われています。

 

加えて、眠っている間に分泌された皮脂・汗などの皮脂膜・ホコリや空気中に存在しているダニや雑菌などが肌への汚れとして付着しています。

 

これらのすべてを水やぬるま湯だけの洗顔で取れるならば問題ないのですが、皮脂=油ですので、洗顔料を使わなければ落としきる事はできません。もし、洗顔をぬるま湯やお湯だけで行った場合には、皮脂と皮脂にからまった汚れを肌に残したままでメイクをする事になってしまいます。

 

とはいえ、人間の肌に適度な皮脂は必要ですので、洗いすぎもNG。理想は、夜の間にできてしまった皮脂膜は落とす、新しい皮脂は残す。そんな洗顔方法を叶えてくれる洗顔料を使うのが一番です。

 

≪洗顔料を選ぶポイント≫

眠っている内にできてしまった皮脂膜は肌の一番外側に、新しく分泌された皮脂は肌の一番近くに存在しています。

 

ですので、皮脂を残しつつ、皮脂膜だけを除去するためには、「洗いすぎずに洗顔する事」が大切。

 

それには、あまり洗浄力が強くない洗顔料を選びましょう。

 

≪おススメ洗顔料≫

〈乾燥・敏感・年齢肌にはマナラのモイストウォッシュゲル〉

「洗いすぎによる肌の乾燥を防ぐ」そんな目的で開発された、朝専用のゲル状洗顔料です。成分の97.5パーセントが美容成分で、汚れを落としつつしっとり肌に仕上げてくれます。使用している人の実に94.8パーセントが満足し、これからも使い続けたいと感じている程優秀なアイテムです。

 

使い方もとってもカンタン。適量を手に取り、顔全体に塗って、指のハラで20~30秒程度優しくマッサージ。後は洗い流すか、コットンでオフするだけ。朝の洗顔はこれだけで完了します。

 

マッサージ前にホットタオルをのせて3分程度待てば、毛穴パック洗顔にもなります。

 

通常価格は3,456円と少々お高いのですが、定期便価格なら2,764円と、20%OFF&送料無料で購入できます。

 

〈無添加の純石鹸を使ってみるのも良い方法です〉

マイルドな成分のチューブタイプ・泡タイプの洗顔料を使うのも悪くないのですが、これらには、その状態を安定させるための添加物が含まれています。添加物は肌内部の角質層にまで浸透し、肌を刺激してトラブルの原因になる事がありますので、注意が必要です。

 

そこでおススメなのが、優しく洗顔できて、肌に対する刺激が最も少ないとされている純石鹸です。

 

純石鹸は、厳しい基準の元で製造されていますので、無添加であり、含まれる活性剤も合成ではなく天然成分で作られています。

 

合成の界面活性剤は肌に残ってしまいますが、天然の界面活性剤なら、肌に残る事はありません。

 

純石鹸での洗顔後、肌にツッパリ感を感じるといった、肌の乾燥を心配する声もありますが、これは誤解です。

 

純石鹸は肌表面の皮脂・角質を落とすアルカリ性でできています。肌は元々弱酸性ですので、アルカリ性の洗顔料で洗うなんて無理!それがツッパリ感の原因だ!普通ならばそんな風に考えてしまいますが、大丈夫なのです。

 

元々、肌の表面部分にはカルシウム成分が存在しています。カルシウム成分は、アルカリ性に反応するという性質を持っています。

 

純石鹸で洗顔した後、肌表面のカルシウム成分は純石鹸の持つアルカリ性に反応を示し、肌の表面をコーティングして守る役割を果たすべく「カルシウム膜」を作り上げます。

 

この「カルシウム膜」ができる時、肌は急速に活性化を始めますので、大きく変化をしています。この時起っている肌の活性化を「ツッパリ感」として脳が誤認しているのです。

 

ですから、純石鹸で洗顔した後のツッパリの正体は、洗顔による肌の乾燥ではなく、肌の活性化による変化だと覚えておきましょう。

 

純石鹸の価格は、安価な物で1個100円程度からと、コスト面でも超優秀。試してみる価値ありですよね。

 

≪乾燥・敏感肌の状態が深刻ならば洗顔料はNG≫

ただし、乾燥・敏感肌の状態が深刻な場合には、朝の洗顔料は使わず、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう。皮脂が流せるお湯の温度は32度。この温度で洗えば、ある程度の皮脂は除去できます。

出典:アヤナスの良い口コミは本当?実際に使った結果を比較!果たしてその実力とは?

【まとめ】

夜の間に肌に付着した汚れ・ターンオーバーによる角質層・分泌された皮脂などをしっかりと除去するためには、朝の洗顔料は必要です。

 

だからと言って、洗いすぎはNG。ですので、やさしく洗えて、肌に刺激となる成分が含まれていない洗顔料を選択する事がポイントとなります。おススメなのが天然成分でできていて、コストも安価な純石鹸。一度お試しください。

 

ただし、乾燥・敏感肌が進行している場合には、朝の洗顔料は控えて、ぬるま湯で優しく洗いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です